商売の要!決済代行サービスの活用

>

セキュリティサービスは万全か

この記事をシェアする

セキュリティ強化は必須

世の中のあらゆるものがデジタル化し、楽が出来る時代となってきていますがアナログには無い問題も浮かび上がってきます。
それがセキュリティの脆さ。
決済代行サービスでもピークを過ぎて減少傾向にあるものの未だにクレジットカードの不正利用などが相次いでいるのがこれを裏付ける事実。

倒産による金銭の流れも十分そうですが、顧客情報流出による信用失墜も避けなければなりません。
サービス面が良いからといって安易にセキュリティに関して調べずに会社を選んでしまうと後悔すること必須ですからきちんと確認はしましょう。

また会社によっては有事の際の保証制度もあるようですから万が一に備えて、そちらも検討してみてはいかがでしょうか。

セキュリティに対する取り組み

不正審査をリアルタイムで行ってくれる不正検知サービス、これは利用することで運用する側が出荷の可否をスムーズに判断することが可能となり不正利用を未然に防ぐ手段ともなります。

また不正利用されてしまった場合に発生するチャージバックを幾らか保証してくれる制度もあり運用サイドの損害を極力抑えることが可能となるサービスも存在しています。
具体的には利用者のクレジットカードが不正に利用され、利用者がその支払いに同意しない場合クレジット会社がその代金を取り消しにすることになります。
ではその浮いた損失分はどこへ行くのか、それは加盟店の負担となってしまいます。
この負担を少しでも軽減してくれる仕組みがチャージバック保証。
全額保証というわけにはいきませんが無いよりは良いでしょう。