商売の要!決済代行サービスの活用

>

現代社会で定着しているサービスの一つ

この記事をシェアする

利用頻度の高い決算代行サービス

決済代行サービスと言われて即座に出てくるのがクレジットカード決済。
リボ払いや分割払い、一括払いなど多様な支払方法に対応しているのが強み。
複数のクレジットカードを利用出来るだけでなく、手数料や入金などの一括管理が可能となり入出金管理の手間を省くことが出来ます。

通販ショップで買った品物をコンビニで受け取れるサービスがありますがここで活躍するのがコンビニ決済。
大体はコンビニで支払いを行って入金確認後にそのコンビニへ商品が送られる訳ですがこの入金確認をほぼリアルタイムで行えます。
客側も煩雑な手続きもいらず支払番号さえあれば簡単に商品を受け取れます。
クレジットが使えない、怖いという理由から利用を避ける客層に他の選択肢を与えた形となっています。

デジタル操作が難しい方でも大丈夫

ATM決済という普段皆さんがお使いの銀行やゆうちょの口座からリアルタイムで支払い可能な利便性の高い決済方法があります。
コンビニ決済同様リアルタイムでの入金確認が可能であり、支払番号を利用した決済となりますので難しい操作も必要無し。
機械の操作が苦手という高齢者の多い地域に向けることである程度の支持を得られるでしょう。
但し、初期費用や決済代行手数料が発生するケースもありますので客側は事前に確認が必要となります。

個人情報などの流出を恐れるあまりクレジットカードの利用を避けている層を取り込むにはプリペイド型電子マネーがお勧めです。
コンビニで身分証明をすることなく手軽に誰でも購入することが出来ますしネットでの購入も可能なので上記の層だけでなく幅広い年齢層のニーズに対応しています。